2005年11月10日

憧れの人と自分との距離

就職活動をしていく中で、支えになるのがこの、憧れの気持ち。
たとえばアナウンサーになりたい、マスコミで仕事がしたい、というのなら、自分の憧れのアナウンサーや番組があるはずだ。
自分が一番近づきたい人物や大好きな番組を書き出してみよう。
テレビのアナウンサーなのか、ラジオのパーソナリティなのか、同世代なのか、年配なのか、また番組を作りたいなら、どんな番組を企画したいのか、またそれはなぜなのか。

アナウンサーなら、何人か。番組なら何番組か書き出してみる。
そうすると自分の傾向が見えてくる。
そして一番大切なのは、自分がそのタイプなのかどうか、厳しく考える。
不細工なのにテレビのアナウンサーにはなれないし、普段面白いことがいえないのにバラエティ番組を作るのは無理。また報道に興味がないのにニュース番組を作るのは難しい。

今の自分が憧れの存在とどれだけ距離が離れているのか知ること。
それが前に進む第一歩だと思う。
posted by 神戸 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

西田二郎
Excerpt: 「にしだじろう」。誰って人のために…。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 西田二郎の西奔東走! 自分が尊敬する番組制作者はよみうりテレビの西田二郎さんだ。 二郎さんを..
Weblog: 下克上日記β版 【マスコミ就職】
Tracked: 2005-11-16 05:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。