2005年11月10日

苦手をなくそう

アナウンサー志望なのに、スポーツに興味がありません、と平気でいう女子学生がいる。
というか、そういう女子学生は多い。

そんな人は今からでもプロ野球やJリーグの試合を見に行ったり、学生アメフトやラグビーの試合に実際に足を運んでみる。そういうことに詳しい男友達に教えてもらう。
マニアになる必要はないが全般的に知っておくことは必要だ。
今まで新聞のスポーツ欄は飛ばしていたりスポーツニュースは見ない、なんていっていた人は考えを改めてほしい。興味を持って見るようにしよう。
といってももともと好きなわけではないから、なかなかとっつきにくい。
そんな時は実際に足を運ぶのが一番効果的。
阪神巨人戦を見に行ったらその試合結果をはやりその晩のスポーツニュースで見たくなるし、一度行ったことのある球場やスタジアムにはなんだか愛着がわくもの。
実際に行くのと行かないのではまったく違う。

かくいう私は大学までは野球のヤの字もしらず、打って一塁に走るのか三塁に走るのかも知らなかったくらいのスポーツ音痴だったが、今ではプロ野球のスコアをつけることができる。
スポーツ実況のトレーニングもしたし、局アナ時代は高校野球速報の原稿を書いていた。
今からでも遅くはない。

逆にスポーツばっかりやってて、むさくるしい男子学生は、お芝居を見たり美術館に行ってみたり、とにかく今までの自分の狭い価値観を打ち壊すことが大切だ。

仕事を始めたら苦手な分野も取材したり、インタビューしなくちゃいけない。
スポーツ選手にも、政治家にも、歌手にも、学者にもインタビューしなくてはいけないのだ。
もちろんマスコミ以外の人でも、営業先の人や接待の相手が自分とまったく違う趣味の持ち主、なんてこともしばしば。話の引き出しは多いほうがいい。
すべてのことに詳しくなる必要はない。
広く浅く知っておくことは必ず自分を助けてくれる。
自分の苦手を、好きに変えることをしていこう。

posted by 神戸 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。