2005年11月10日

イメージをえがく

あなたは将来、どうなりたいのか。
そのイメージを頭に具体的に思い浮かべてみよう。

仕事の内容はこういうもので、年収はこれくらいで、結婚はどういう形・・・・。
自分の理想を残らず書き出してみる。
自分は駄目だから、これくらいにしておこう、と思わないほうがいい。
正直に、やってみたい!こうなりたい!という姿を描いてみる。

そうすると、今の自分とのギャップが浮き彫りになってくる。
テレビに出るアナウンサーになるなら、当然、見栄えが良くなければならない。
アナウンサーは絶世の美女というより、感じのいい美人、というタイプが多い。
そういう人を目指す。
ダイエットして、化粧を変えて服装も変えて、原稿を読む練習をして、カメラ写りの練習もしなくちゃいけない。。。
とまあ、やることが明確になってくる。

一般企業に就職するなら、年収は多いほうがいいのか、それなら能力が高くないといけない、
それならその業界のトップ企業に就職しなくてはならない。
それならば、競争するほかのライバルよりもずっと優れていなければならない。
業界の知識も、学生時代にアピールできることも、時事問題の知識も、人間的魅力も。

自分の理想のイメージを確実に作ることで、そのために今自分が何をしなくてはいけないのか
かなりはっきり見えてくる。

自分のなりたい姿をイメージして、まずはノートに書き出してみよう。
posted by 神戸 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。