2005年11月12日

大きな声

面接のときには『大きな声』で。
たいていの人が知っているし、実行できていると思っている。

体育会系の人で、本当にやたらと大声の人もいるが、
『いやあ、キミは声が大きいね〜』なんてその声でその場が和めばいいわけだし、
これはまあ やり過ぎない程度にしさえすれば
大きい声の人はいい。

問題は小さい声の人だ。
たいていの女子学生は声が小さい。
というよりも、今までの人生の中で声を出す訓練をしていないから出ないのだ。

合唱コンクールとか、カラオケ、なんてのは駄目。
歌とアナウンスでは発声が違う。
話すときは、別に高音を出す必要はないし、カラオケのマイクに慣れていると自分の本当の声の大きさがわからないからだ。
特に女性は、自分の声が小さいとは自覚していない人が多い。
だが、ほとんどの女性は声が小さくかぼそい。

そんな人はまず毎日とにかく大声を出す練習をしてみる。
そのとき、のどをつめてかぼそい声を無理して出さないこと。

鏡で見て、ああーーー!といったときにのどの奥が見えるように声を出す。
で、自分で思うよりも3倍4倍、今まで出したことがないくらいの大声を出してみる。

自分を一回りも二回りも大きくしなければ、マスコミには就職できない。
だから、限界を超える大声を作っていくのだ。
近所迷惑にならないように、川原やスタジオなどでするか、私は自宅に夜遅く帰ったときには大判のバスタオルを丸めて、それに向けて大声を出していた。
とにかく毎日のトレーニングで、大きな声を作っていかないと、面接の日だけ大きな声を出そうと思っても出るものではない。

大きな美しい声。
これは天から与えられるものではなく、作っていくものだ。
posted by 神戸 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。