2005年11月12日

話の順序を変えてみる

1分間で話すトレーニングをし始めたら
よりその話を面白くする方法を考える。

出来事をそのまま順番だてて話のではなく、まったく順番を逆にしてみると面白い話になったりする。
時には結論を先に言ったり、ドキッとさせるようなことから入るとか。
自分の価値観をこわして、今までと反対のことをしてみると、違うものが出てくるのだ。
とくに、話の一番最初というのは、聞くか聞かないかのポイントだから
話の最初をよく考えるといいと思う。

ただ、よく格言を冒頭に持ってくる人がいるが
あれは学生にはお勧めしない。
格言をいうほどの年齢でもないくせに、若造が。などと面接官に思われたら最悪だ。

また、いくつかお題を出して自分で解説する方法もやめたほうが無難。
たとえば・・・・
【私の特徴は『元気』『明るい』『誠実』です。
まず元気については・・・。
続いて明るさを象徴するエピソードは・・・。】
これをやると、エントリーシートならいいが、話すと必ず2番目か3番目を忘れる。
その上どうしても話が長くなって1分ではとてもまとまらなくなる。
ごちゃごちゃして聞きづらい。
話すなら、テーマは一つに絞る。
そのテーマに余分な無駄話がくっついていないか確認して余分なものは省こう。

テーマはひとつ。話の順序を思い切って変えてみる。
こうすることであなたの話し方も変わってくる。
posted by 神戸 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9249935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。